透析治療の流れ

当クリニックで透析治療を受けられている透析患者様の治療の流れについて、入室~退室までご説明します。

【1】 患者様来院

1. 体温測定

クリニックに到着しましたら1F受付にて体温測定をお願い致します。
ご自宅で測ってきた場合は口頭でお知らせください。


2. 入室前

当院の入室時間は午前透析の患者様は7:50から、午後透析の患者様は12:30から入室をします。
待合室にてテレビ、新聞、雑誌等を見ながらお待ちください。
また更衣室に個人用ロッカーもありますのでお着替え等にご利用ください。


3. 体重測定

入室して頂いた患者様を順に測定致します。
透析患者様は体腎機能が低下しているため、体重の管理が必要不可欠です。そのため透析前と透析後は必ず体重測定を行い、体に余分な水分のない目標体重まで除水する必要があります。

【2】 穿刺

患者様の透析条件によって、数種類の針を使用しております。 穿刺部に痛みを伴う患者様には前もって疼痛緩和の麻酔テープなどを処方しております。

【3】 透析開始~透析

当院では日機装製DCS-100NX(以下透析機器)を採用しており、透析開始時はスイッチ一つで開始します。
開始後は技士による機器のチェック、看護師による患者様の状態の聞き取りが行われ、医師、看護師、技士による回診が始まります。
基本一時間に一回の機器チェック、状態チェックが行われております。

【4】返血

返血とは、ダイアライザーと血液回路内の血液を、清潔・安全に体内に戻す操作です。返血においてもスイッチ一つで開始します。
返血完了後抜針を行い、血圧測定、状態確認、止血確認の後、体重測定を行います。

【5】患者様の退出

治療が終了しましたら、終了時間を目安に送迎車両を準備しております。
安全運転にてご自宅までお送り致します。

Copyright(c) 赤枝グループ All Rights Reserved.